はっとてっくろぐ

パソコン、ガジェット、漫画、小説、アニメなどなど

スポンサーリンク

僕だけがいない街 8巻発売! 〜これにて完結!?〜

僕だけがいない街」最終 第8巻が発売となりました!

雑誌掲載は読んでいませんでしたので、先ほど楽しく読ませて頂きました!

 

僕だけがいない街(8)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)

 

全体通しての感想をちょこっとだけ。ネタバレはないつもりです。

 

読み始めたのは

 

遅ればせながら読み始めたのは、1巻か2巻だったが発売された頃に、AmazonKindleランキングで1位になっていることに気づき、さらには、キャンペーンで角川さんの電子書籍が値引きされてた記憶がありまして、読んでみたわけですが。

 

1巻読んだだけで、面白い話だと感じました。

ご存じの方も多いかと思いますが、内容は重ーい話ですが、それに立ち向かう主人公がかっこ良く、きっとハッピーエンドをむかえるであろう感じがしました。

 

 

映画化、アニメ化

 

コミックス最終巻が発売される前ですが、アニメ化、実写映画化がされた本作です。

1巻2巻を読んだ時点で、実写映画化しやすそうな設定でしたので、もしかしたらするのかなーと思いながら読んだ記憶があります。

 

実写映画については実はまだ見てないので内容を知らないのですが、原作コミックスも完結したことですので、映像配信された際にでも、見てみようと思ってます。

 

アニメの方については、前述のとおり原作完結前だったので、最終話まで見るべきかちょとだけ悩んだ挙句、我慢できず見てしまいました(笑)

ちょっと駆け足気味ではありましたが、うまくまとまって面白かったですね!

 

アニメのラストも良かったので、原作コミックスのハードルが私の中で上がってしまいましたが、やはり原作。私の中ではアニメよりも原作が面白かったです。

ラストは大体同じですが、本作の醍醐味である主人公が事件を止めるために動きまわるという所がやはり原作の方がよく描かれています。

 

※評論家気取りですみません。。ただの一読者です(笑)

 

 

 

全8巻

 

全8巻と少ない巻数でありながら、密度の濃い話、軽快な進み方と私のボキャブラリーが少ないため言葉がでてこないのですが、私個人的な意見としては、面白さ=巻数の多さではないことを改めて感じました。

 

曖昧な感じで終わる漫画、いつ終わるともわからない漫画などなどありますが、それはそれで面白いものですが、本作のように綺麗に完結できる漫画こそ評価されるべきですね。

 

 

続編!?

 

(8巻のあとがきに触れます。これから読まれる方はご注意)

すでに、一肇著のスピンオフ小説「僕だけがいない街 Another Record」が発売されています(買ったもののまだ読めてません。。早く読まねば。。)が、ヤングエース7月号から外伝が掲載されるとのこと。本8巻のあとがきにて、著者が外伝について触れられていますが、描ききれなかった部分を著者自身が書くもののようです。続編というよりも外伝みたいですね。楽しみです!

 

僕だけがいない街 Another Record

僕だけがいない街 Another Record

 

 

 

最後に

 

僕だけがいない街は、「マンガ大賞」「このマンガがすごい!」で2年連続ランクインするなど話題になった作品です。その後、アニメ化、映画化とヒットし、この度最終巻をむかえました。

映画は見ていないので語れませんが、アニメだけ見た方も十分楽しめる原作コミックスですので、未読の方はぜひ読まれてみてはどうでしょうか。

 

 

ではまた!

 

 

 

 

スポンサーリンク