はっとてっくろぐ

パソコン、ガジェット、漫画、小説、アニメなどなど

スポンサーリンク

HUNTER×HUNTER 第377話 〜感想〜

HUNTER×HUNTER 第377話の感想(整理)です。

 

ネタバレありますので、未読の方はご注意下さい。

 

第10王子カチョウの画策

カチョウは「モスキート音で大人に聞かれずナイショ話」の玩具を使ってセンリツと画策を進めます。

どうやら晩餐会(日曜)で音楽ショーをやろうとしている模様。

 

カチョウとフウゲツはデュオとグラスハープ、センリツはフルートを吹く様です。

 

狙いはスピーカーを通じて演奏を第一層全フロアに流しすこと

おそらくはセンリツの念能力を使って第一層全フロアの人間を操作するのでしょう。

 

ヨークシン編でクラピカ達を落ち着かせたことがありましたが、他にどの様な効果があるのでしょうか。眠らせるとか?

 

前にフウゲツがカチョウの部屋に「魔法の抜け道(マジックワーム)」を使って来たことがありましたが、第10王子カチョウ警護兵のハンター協会員キーニは円を使っていたため突然生首が現れたことを把握していた様です。

キーニはハンター協会員ですし、話しぶりからするにセンリツ達の味方の様です。

(実際はわかりませんが)

 

「魔法の抜け道(マジックワーム)」はセンリツの見立てではやはり守護霊獣。

そしてカチョウの守護霊獣がまだ一度も姿を見せていない点を気にかけています。

 

 

 

幻影旅団集合

幻影旅団が第5層で全員集合です。

シャルナークとコルトピがヒソカに殺害された後、他のメンバーはまだ無事の様ですね。

 

そしてここで、イルミ登場!!

イルミは幻影旅団のメンバーになっていました!

 

しかしイルミは団員全員と顔をあわせるのは初めての様子。

自己紹介普通にしてます。

 

そしてイルミが幻影旅団に加入した理由ですが、

  • 依頼人はヒソカ
  • 依頼内容①:イルミの幻影旅団加入
  • 依頼内容②:標的はヒソカ自身(ヒソカが死ねばイルミに報酬が入ると。。)

 

今更驚きませんが、狂ってますね(笑)

 

なぜイルミにそんな依頼をさせたかという点ですが、考えられるのは、

  1. 幻影旅団全員を相手にするためヒソカ自身も死ぬかもしれないので思い残すことが無い様に前から目をつけていたイルミもまとめて標的としたかったから。
  2. 天空闘技場でのヒソカvsクロロ戦で実はイルミもクロロと共闘していたから。(こっちは想像ですが)

 

あたりでしょうか。2の方はそういう考察している人もいますが、真実は未だ不明ですね。少なくとも1だとは思われますが、もしかしたら2も。でしょう。

 

ヒソカはシャルナークとコルトピ殺害時にあと「10人」と言っていましたが、その時点ではおそらくイルミはまだ加入していないはずですが、この時点で既に標的にされているので、そう考えると2も大いにあり得ますね。

 

そして幻影旅団の面々ですが、フルネームと団員番号付きで登場ですね。せっかくなのでここで改めて整理しましょう。

 

幻影旅団

No0 クロロ=ルシルフル

No1 ノブナガ=ハザマ

No2 フェイタン=ポートオ

No3 マチ=コマチネ

No4 カルト=ゾルディック(元団員:ヒソカ=モロウ)

No5 フィンクス=マグカブ

No6 欠員中(元団員:シャルナーク=リュウセイ)

No7 フランクリン=ボルドー

No8 シズク=ムラサキ

No9 欠員中(元団員:パクノダ)

No10 ボノレノフ=ンドンゴ

No11 イルミ=ゾルディック(元団員:ウボォーギン)

No12 欠員中(元団員:コルトピ=トノフメイル)

 

となります。

クロロの団員番号は0なんですね。

 

幻影旅団の標的の優先順位も明らかになりました。

第1にヒソカ、第2に宝。

 

 

 

シャ一家登場

小物臭がしますが、念能力者もいる様ですね。

シャ一家が登場です。

体に薔薇の刺青?が入っている様です。

 

シャ一家のうち、ソンビンという若者は幻影旅団の実力を念を含めて把握しているためこのソンビンは少なくとも念能力者ですね。

 

ちなみに3大マフィアの1つなわけですが再度整理しておきましょう。

 

カキン系3大マフィア 

  • エイ=イ一家:第4王子ツェリードニヒとパイプ。第3層を仕切っている。
  • シュウ=ウ一家:第3王子チョウライとパイプ。第4層を仕切っている。
  • シャ=ア一家:第7王子ルズールスとパイプ。第5層を仕切っている。

※3層と4層が逆になっていたので修正

 

食堂の席であわや戦闘かと思われましたが幻影旅団、ここは穏便に対処。

 

ここでブラックホエール号の各層も整理しておきましょう。

 

ブラックホエール号の各層

 第1層:王族とV5の政財界の要人

 第2層:各界の著名人、富裕層

 第3層:一般渡航者区域

 第4層:一般渡航者区域

 第5層:一般渡航者区域

 

第1層は王子達がいるところで、第5層は幻影旅団が現在いるところですね。

そして(あたりまえですが)第5層から第3層までは一般渡航者区域なので行き来ができますし、第1層へ行くことも可能な様です。

 

あとは、第3層まで行くと十二支んもちらほらいるはずなので、上の層に行くほど、荒れることが予想されます。

 

 

 

さいごに

なんといってもイルミ登場がサプライズでしたね!

幻影旅団のあと1人は誰なんだろうと思っていましたが、ここに来てイルミ再登場です。なんだかんだ登場率の高い人物ですね。

 

争いごとの中心付近に大体いますねイルミは(爆)

 

ヒソカ vs 幻影旅団10人では明らかにヒソカは分が悪いですがどうなるのか。

 

 

ではまた!!

 

HUNTER×HUNTER モノクロ版 35 (ジャンプコミックスDIGITAL)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 35 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 
HUNTER×HUNTER モノクロ版 34 (ジャンプコミックスDIGITAL)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 34 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 
HUNTER×HUNTER モノクロ版 33 (ジャンプコミックスDIGITAL)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 33 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

スポンサーリンク